【牡蠣の食べ方】 店長一家の週末

【牡蠣の食べ方】 店長一家の週末

店長一家は3人家族で大人の男性は一人だけです。

牡蠣は大好きなのですが殻付牡蠣を20~30個注文

しても一晩では食べきれないので、金曜日夕方

に届けてもらい、金曜日と日曜日の二回に分けて

食べることが多いです。金曜日の午後~夕方の

届け出日指定すると、今続々シーズンインしている

三陸産の牡蠣だと、本州の主なエリア(関東・中部

・近畿)は前日の木曜日発送になります。

「旨い!牡蠣屋」の殻付牡蠣の殆どは、消費期限は

生食で4日・加熱で5日、なので、加熱すると月曜日

まで食べられます。

店長一家では、金曜日夜か土曜日夜に牡蠣を生で

頂きます。そして、日曜日夜にもう一回、残った

殻付牡蠣を加熱調理してたのしみます。牡蠣は

栄養分たっぷりなので、美味しくて健康的な

週末を過ごせますよ。

殻付牡蠣の加熱調理方法はたくさんあり、いくつか

ご紹介します。

 1.定番、牡蠣グラタン 

 2.NY発、オイスターロックフェラー 

 3.オーストラリア定番、キルパトリック 

他にもこちらで様々な調理方法をご紹介しています。