長崎 五島列島産 岩牡蠣 [3188]

九州最西端の五島列島の海で育った岩牡蠣です

五島列島の中通島でつくられる五島の牡蠣

五島列島は長崎の西方にある5つの大きな島を中心として140ほどの島になっています。
五島列島の中でも、一番北側の中通島(なかどおりじま)で当店で販売する牡蠣はつくられています。
写真のとおり、島は山々が連なるリアス式海岸線となっているため、山々に囲まれる海は牡蠣にとって栄養豊かな漁場になっています。
五島列島の海産物は昔から定評があり、五島列島のアワビは中国では最高級品とされるほど有名で、当店で販売する牡蠣を養殖する山田さんは以前ヒラメの養殖を手掛けてられていました。

五島列島の牡蠣養殖に熱心に取り組む山田さんの牡蠣

五島列島はリアス式海岸線を持つため山々に囲まれた豊かな漁場が沢山あります。
以前は真珠の養殖が盛んな漁場でしたが、現在は牡蠣養殖に変わりつつあります。
島々に囲まれた通常は穏やかな海ですが、台風が多いため延縄式で養殖しています。

生産者の山田さんは、真かきの養殖のノウハウを生かして岩牡蠣の生産にも取り組まれています。

とろりとしたコクとすっきりした甘み

 

冬の真牡蠣が、「海のミルク」、天然の岩牡蠣が「海のチーズ」とするなら、 ちょうどその中間の「海の生クリーム」といったところでしょうか

切り分けるとあふれでてくるクリームは、とろりと、とてもコクがあって一口で食べるのは惜しいほどです。後味は甘くすっきりしていますので、「冬の牡蠣は好きだけど岩牡蠣はちょっとくどくて」と言う方にはお口に合うと思いますよ。

岩牡蠣は、殻付の重さで選別しています。
大きさは、目安として参考にご覧下さい。
天然の岩牡蠣は、殻を剥くのにハンマーやペンチなどで殻を割る必要がありますが、天然に比べると殻も薄く剥きやすい方だと思います。

五島列島産 岩牡蠣をご賞味ください

 

※ 岩牡蠣の殻をむくには、金槌やペンチ等が必要です。
※ 殻に付着物が多く付いている場合がございます。出荷前に洗浄はしておりますが、殻をむく前にタワシ等で洗ってくださいますようお願いします。

サイズについて中サイズ  殻付きの重量 250-350g(目安)
出荷時は、海水を若干含むために、配送中に海水を吐き出すと上記の数値よりも下まわることがあります。
採取海域 長崎県五島列島中通島海域
生食の可否 生食用
消費期限 生食の場合:発送日から4日間、加熱調理する場合:発送日から5日間
保存方法 冷蔵:10℃以下で保存してください
配送について ヤマト運輸 クール便
付属品など カキナイフ1本、パンフレット(剥き方ガイド)
サイズについて 商品詳細部に表示
お届け希望日時について 対応可
検査体制 採取海域の海水検査、検体定期検査、紫外線殺菌海水にて浄化

販売価格: ¥6,380~¥11,280(税別)

(税込価格: ¥6,890~¥12,182)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

こちらの商品は、出荷お休み中です
0件のレビュー