三陸十三浜産 殻付牡蠣 [2371]

東日本大震災の津波により、養殖施設などに壊滅的な被害を受けました。

現在のところ、出荷の見込みはありません。

「復興かきオーナー」様を始め皆様からの多くのご支援をいただきまして、おかげ様で養殖の再開をすることができました。本当にありがとうございます。

今後も、お見守りくださいますようお願い申し上げます。

(各産地のカキ養殖の復興状況などは、「三陸牡蠣復興支援プロジェクト」のホームページをご覧下さい。)

 

佐藤利弘さんのつくる荒波にもまれた牡蠣

十三浜は東北で一番大きな川である北上川の河口域にあります

牡蠣と川は切っても切れない関係にあります。牡蠣の栄養は森の恵みが川を流れて降りてくるからです。この写真では右奥に河口域があります。外洋にさらされるほど塩分が強く、瀬戸内海のような内海や入り江などは多少塩分が和らぎます。同様にこの十三浜は太平洋に直接面してはいますが、河口域であることから甘みもあり、塩味のバランスがちょうど良いところです。

 

 

 

下写真では北上川の河口が見えます。十三浜の漁場は、北上川の真水と太平洋の海水がまざる汽水域になります。

 

太平洋の荒波に直接受ける生産者の試練

ここでは、波が荒いので、一般的な牡蠣筏(いかだ)は使えません。このように浮きだるをロープで繋いでそこに牡蠣を垂らす延縄式になります。

 

 

 

十三浜の牡蠣はフルーティ♪

太平洋の塩分と北上川の甘みのほどよいバランスが独特な味わいとなって表現されています。私が船上でいただいたこの牡蠣はとてもフルーティでした。フランスでは海産物を海のフルーツと呼ぶそうですが、まさにこれは海のフルーツのような美味しさがありました。

 

 

 

どうぞ佐藤さんのつくる十三浜産牡蠣をご賞味ください

佐藤さんは代々、十三浜で漁業を営む漁師さんです。生産者から直送の十三浜産牡蠣をお楽しみ下さい。

サイズについてMサイズ  10〜14cm 
Lサイズ  14〜17cm
LLサイズ 17cm以上
採取海域 宮城県石巻市北上町十三浜海域
生食の可否 生食用
消費期限 生食の場合:発送日から4日間
保存方法 10℃以下で保存してください
配送について ヤマト運輸 クール便
付属品など カキナイフ1本、パンフレット(剥き方ガイド)
サイズについて 商品詳細部に表示
お届け希望日時について 対応可
検査体制 採取海域の海水検査、検体定期検査、紫外線殺菌海水にて浄化

販売価格: ¥3,480~¥10,480(税別)

(税込価格: ¥3,758~¥11,318)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

こちらの商品は、出荷お休み中です
0件のレビュー